【売却】不動産を売った場合の税 -課税譲渡所得-

不動産を売却した場合、利益に対して所得税と住民税がかかります。
いわゆる「譲渡所得税」です。譲渡所得税は、不動産の売買金額にかかるわけではありません。
売買金額から、取得費や譲渡にかかった費用などを差引いた、残りの利益(課税譲渡所得)に対してかかります。
課税譲渡所得金額 = 譲渡価額 - 取得費 - 譲渡費用 - 特別控除
譲渡価額は、
売却した不動産の購入価額 + 公租公課の負担金として受け取った額
となります。
公租公課、一般的には固定資産税の日割負担分ですが、国税庁のサイトを見ると課税対象になっています。こちら >>
取得費は、取得した際にかかった費用で、
売却した不動産の購入価額(建物は減価償却後) + 購入時仲介手数料 + 印紙税 + 登録免許税や登録手数料 + 不動産取得税 + その他購入にかかった費用
となります。
領収書等がなければ、残念ですが
譲渡価額の5%
となります。
譲渡費用は、売却の際にかかった費用で、
売却時仲介手数料 + 売却時の測量費用等 + 印紙税 + その他売却にかかった費用
となります。
そして特別控除ですが、自宅を売却した場合の3,000万円特別控除などの軽減税率の特例です。
いずれにしましても、詳細については税理士事務所や税務署など専門機関にお問い合わせ下さい。

投稿者: Nishinihonkaihatsu

岡山県総社市にある不動産会社。賃貸仲介、売買仲介、不動産コンサルティング、不動産相続支援、賃貸住宅管理、空家管理など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です