【賃貸仲介】賃貸アパートの初期費用とは

賃貸アパートマンションを借りる際、最初に必要な初期費用。
初期費用の中身は物件によって異なる場合があります。
敷金」は預り金です。
退去時の精算費用の一部に充当されたり、入居中賃料の滞納等があればそれらを差し引いて、残りをお返しします。
礼金」は戻ってこないお金です。
大家さんに支払われ、賃料の一部前払い分とみなす場合と退去後の修繕費用とみなす場合があります。
「敷金」と「礼金」は合わせて賃料の1~3ヶ月分となりますが、最近では「敷金礼金ゼロ」で募集されている賃貸アパートマンションも多くあります。
注意していただきたいのは、敷金礼金ゼロの場合「定額精算金」や「ルームクリーニング代」などが必要な場合があります。
これは「退去の際にかかる費用を最初に支払う」もので返金はありませんが、退去のときに通常損耗だけであれば追加費用もいらず鍵を返すだけとなります。
普通は物件詳細の初回費用や備考欄等に記載されています。
仲介手数料」は仲介業者に支払われる手数料です。不動産仲介会社が受け取る金額は基本的にここだけです。金額は上限が決まっていて「賃料の1ヶ月分+消費税」となっています。
家財保険」は火事や水害などの際、入居者の家財を保証するものです。基本的に家事など起こした場合の「借家人賠償責任」が付帯しているものに限ります。
保険会社(少額短期保険会社など)によって内容も金額も異なりますが、2年間で1.5-2.0万円くらいが目安になると思います。
前家賃」は入居月と場合によってはその翌月分も先に支払っておくこともあります。
その他は物件ごとに異なりますが、「鍵発行料」や「除菌施工代」、月額の中には「安心サポート費用」「保証委託料」「水道料」などある場合があります。
めやすとなる初期費用の計算は
「敷金+礼金+定額の負担金+家財保険料+仲介手数料+当月及び翌月の賃料共益費等+その他費用(鍵代等)」
となります。
これらの合計で一般的な物件は「賃料の約5~6ヶ月分」、「敷金礼金ゼロ」物件は「賃料の3ヶ月分〜4.5ヶ月分」となります。
内容は物件によって異なりますので、記載されている条件を確認し計算してみていただけたらと思います。
またメール等でお問い合わせいただければ概算費用を計算できますので、気になりましたらお問い合わせ下さい。

投稿者: smilestation_soja

岡山県総社市にある不動産屋です。賃貸仲介、売買仲介、不動産コンサルティング、不動産相続支援、賃貸住宅管理、空家管理など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です