【コンサル】不動産の売却先について

不動産売却を希望される方には様々な理由があります。
例えば、農業をしなくなった、維持管理が大変、住み替える、相続対策で、といったことや、経済的な理由などが挙げられます。
売却先についてですが、大きく分けると
・不動産屋に売却する
・不動産屋が仲介して買い手を探して売却する
の2つになると思います。
この2つにはそれぞれメリットデメリットがあります。
不動産屋に売却する場合、売却までの時間が短いことが挙げられます。
ただ、不動産屋が買い取る場合、買い取った不動産で利益を確保できるかどうかがポイントになりますね(裏話になりますが)。
例えば囲繞地(いにょうち、道路に接していない袋地)などは活用が難しいですし、市街化調整区域の田んぼは農業従事者でしか買えません。
住宅の場合、駐車スペースの確保(総社市だと最低2台)が難しい場合なども対象外となるケースもあります。
そして、一般的に買い取り価格は市場価格よりも低くなります
仲介して買い手を探す場合、市場価格での売却が可能になります。
そして広く買い手を探すことになるので、多少ニーズの低そうな物件でも買い手が見つかる可能性が多少なりとも高くなります。
市街化調整区域の田んぼも、農地転用許可や開発行為許可が下りれば住宅建築も可能となりますので、一般の家を建てたい方がいらっしゃる可能性が高いです(様々な要件がありますが)。
大きな土地をいくつかに分けて住宅地として売る、ということは宅建免許が必要ですので、そういった場合は不動産屋へ売却することになります。
いずれにしても不動産価格は年々変化していますし、さまざまな要件(周辺環境など)によっても変わってきます。
ですので「〇年前に〇〇万円と言われた」「△△さんのところは〇〇万円で売った」という期待通りにはいかないケースは多々ありますのでご注意を。
急ぐのであれば買取を、そうでなければ仲介をおすすめします。
当社では買取も仲介も対応しています。まずはお気軽にご相談いただき、ご希望をお聞かせいただければと思います。

投稿者: smilestation_soja

岡山県総社市にある不動産屋です。賃貸仲介、売買仲介、不動産コンサルティング、不動産相続支援、賃貸住宅管理、空家管理など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です