【賃貸管理】入居決定後、入居までにしていること

住まいるステーション西日本開発は不動産仲介会社ですが、国土交通省の「賃貸住宅管理業者登録制度」に登録している、賃貸住宅の管理会社でもあります。
管理会社として、空室が決まって「決まってよかった」とホッとしているわけではありません。
入居されるまでの間、空室期間が長ければ再度クリーニングを行う必要がありますし、現状の確認、畳の表替え、火災報知器の点検、カーテンやスリッパの撤去、などなどしておくべきことがいくつもあります。
そこで気づいたことは入居までに解決し、できない場合は事前に借主にお伝えして早期に解決できるようにしなければいけません。
入居されて快適に過ごしていただけるよう、細心の注意が必要です。
賃貸住宅の管理は、毎月の賃料回収、入居中の修理依頼や相談の対応、退去の手続きから立会いまでの入居者対応から、募集内容の検討、リフォーム提案、空室チェックなど多岐にわたります。
貸主の負担を減らし、安心して賃貸住宅の経営をしていただくことが管理会社の役割であり、また、入居者の方が快適に過ごしていただくことも管理会社の役割です。
これからは「管理」が重要になってくるかと思います。管理についての相談も承っていますので、お気軽にご相談ください(予約制となります)。

投稿者: smilestation_soja

岡山県総社市にある不動産屋です。賃貸仲介、売買仲介、不動産コンサルティング、不動産相続支援、賃貸住宅管理、空家管理など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です