【賃貸仲介】連帯保証人について

最近では連帯保証人がいらない代わりに保証会社との契約が必要な賃貸アパートが増えてきています。
そもそも「連帯保証人」とは?
連帯保証人は、例えば、契約者が賃料を支払わず連絡も取れない場合、貸主が連帯保証人に賃料の支払いを請求すれば連帯保証人は支払わなければならない、といったことになります。
連帯保証人は入居者と同等の責任を負います。
そのため、連帯保証人には支払い能力だけでなくさまざまな責任が問われますので、基本的には、契約者の両親または兄弟、叔父叔母(伯父伯母も可)の3親等内で75歳前後まで、となります。
連帯保証人は、契約の際に印鑑証明書を取得し提出していただくことが必要ですし、書類関係には実印捺印をしていただくこととなります。
遠方にいらっしゃる場合は郵送などする必要がありますね。
そんな負担や手間を回避するために、最近では保証会社の利用が必須で連帯保証人がいらない賃貸アパートが増えてきました。
借主の保証を代行するので貸主に費用が多少掛かりますが、貸主にとっても安全かつ安心できるのでお互いにメリットがあると思います。もちろん、保証会社利用の際にも審査があります。ここでNGになると契約できませんのでご了承ください。

投稿者: smilestation_soja

岡山県総社市にある不動産屋です。賃貸仲介、売買仲介、不動産コンサルティング、不動産相続支援、賃貸住宅管理、空家管理など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です