【賃貸仲介】3月の賃貸状況

新大学生・新社会人・転勤・転職などなど、3月は1年で一番人口の移動が多い月になります。
毎年この時期は多くの方をご案内していますが、今年の総社市は少し動きが違います。
まず「募集しているお部屋が少ない」こと。
昨年の水害で、空室が「みなし仮設住宅」として活用されたことから、ほぼ退去があるお部屋の募集だけになっています。
そうなると募集開始から退去まで約1ヶ月あるため、その間は入居者がいるため「室内見学ができない」状態となります。
そのため、本来なら室内を見学されてからなのですが、間取りや周辺環境、写真があれば写真を見ていただいただけで「申し込むか否か」の選択となっています。
それでも数が限られているため、すぐに申込が入るため募集終了も早くなっています。
さらに「引っ越し業者の予約が取れない」状態。
今までも、日にちは決まったが時間は流動的だったりしていましたが、働き方改革や人手不足、水増し問題など様々な要因で1日当たりの数が制限され(それはそれでいいことですが)、希望日に予約が取れなかったり業者によっては3月の予約を締め切っていたりしているようです。
現時点で、ファミリー向け賃貸住宅の募集はほぼ4月以降の入居可能日となっています。シングル向けも、大学卒業生のお部屋は4月1日の入居開始で対応できるようにしていますが、3月入居のお部屋は数が少ないです。
他の予定を調整して4月入居が対応できるのであれば、それでお部屋探しすることもご検討いただけたらと思います。

【賃貸仲介】賃貸アパートの初期費用とは

賃貸アパートマンションを借りる際、最初に必要な初期費用。
初期費用の中身は物件によって異なる場合があります。
敷金」は預り金です。
退去時の精算費用の一部に充当されたり、入居中賃料の滞納等があればそれらを差し引いて、残りをお返しします。
礼金」は戻ってこないお金です。
大家さんに支払われ、賃料の一部前払い分とみなす場合と退去後の修繕費用とみなす場合があります。
「敷金」と「礼金」は合わせて賃料の1~3ヶ月分となりますが、最近では「敷金礼金ゼロ」で募集されている賃貸アパートマンションも多くあります。
注意していただきたいのは、敷金礼金ゼロの場合「定額精算金」や「ルームクリーニング代」などが必要な場合があります。
これは「退去の際にかかる費用を最初に支払う」もので返金はありませんが、退去のときに通常損耗だけであれば追加費用もいらず鍵を返すだけとなります。
普通は物件詳細の初回費用や備考欄等に記載されています。
仲介手数料」は仲介業者に支払われる手数料です。不動産仲介会社が受け取る金額は基本的にここだけです。金額は上限が決まっていて「賃料の1ヶ月分+消費税」となっています。
家財保険」は火事や水害などの際、入居者の家財を保証するものです。基本的に家事など起こした場合の「借家人賠償責任」が付帯しているものに限ります。
保険会社(少額短期保険会社など)によって内容も金額も異なりますが、2年間で1.5-2.0万円くらいが目安になると思います。
前家賃」は入居月と場合によってはその翌月分も先に支払っておくこともあります。
その他は物件ごとに異なりますが、「鍵発行料」や「除菌施工代」、月額の中には「安心サポート費用」「保証委託料」「水道料」などある場合があります。
めやすとなる初期費用の計算は
「敷金+礼金+定額の負担金+家財保険料+仲介手数料+当月及び翌月の賃料共益費等+その他費用(鍵代等)」
となります。
これらの合計で一般的な物件は「賃料の約5~6ヶ月分」、「敷金礼金ゼロ」物件は「賃料の3ヶ月分〜4.5ヶ月分」となります。
内容は物件によって異なりますので、記載されている条件を確認し計算してみていただけたらと思います。
またメール等でお問い合わせいただければ概算費用を計算できますので、気になりましたらお問い合わせ下さい。

20190219 岡山県の民間賃貸住宅借上げ制度(みなし仮設住宅)について -申込期限-

平成30年7月西日本豪雨災害で被災された方のための「借上型仮設住宅(みなし仮設住宅)」ですが、平成31年3月29日が申込期限となっています。
詳しくは各市町村へお問い合わせください。
被災者支援住宅については「住まいる岡山」をご覧ください。

【売買仲介】消費増税による住宅ローン支払い額の違い

2019年10月1日より、消費税が8%から10%に上昇します。
住宅ローンにも大きな影響があるので前後の比較をしてみました。
前提として
・建物価格2,000万円(税別)
・全額35年借入、元利均等方式
・フラット35SタイプB金利1.08%(当初5年、以降1.33%)
とします(諸費用その他は除く、実際の例ではありません)。
消費税8%の場合
借入2,160万円
5年目まで支払月額61,782円
6年目以降支払月額64,003円
返済額合計26,747,849円
となります。
消費税10%の場合
借入2,200万円
5年目まで支払月額62,926円
6年目以降支払月額65,188円
返済額合計27,243,217円
となります。
差額は支払月額で約0.1万円、返済額で約50万円の差になりますね。
金利を考えた場合、その差を無くすには想定金利の-0.11%にならないといけませんが、さすがにこれは現実的ではないですね。
そこで前回ご紹介した「増税対策の住宅ローン減税」で所得税控除が3年延長となると、11年目の残高は約1,600万円ですので1%の約16万円が控除さることとなります。12年目は約1,550万円なので約15.5万円、13年目は約1,490万円なので約14.9万円。
この額が控除された場合の税金の差額がいくらになるか、これも計算しておく必要があります。
需要バランスなどにより不動産にかかるコストは変わりますし、住宅ローン金利も変動します。今は災害復興などの関係もあって資材も人件費もコスト増のようですね。
また当然ですが、借入する金額によっても返済額は異なります(金融機関が貸してくれる金額にも所得制限があります)。将来の学費や生活費も変わってきますし、収入も今のままではないと思います。
金利も低いので「今が建て時」「消費増税前に」は間違いではありませんが、上のような差額が埋まれば増税後も返済額は変わらない場合もあります。
いい言葉だけに惑わされず、きちんとライフプランニングをしてご家庭にとって何が最適なのか把握して考えることをおすすめします。

【お知らせ】総社市のハザードマップ

平成30年7月西日本豪雨災害から半年が経ちました。
お客様の話を聞くと、以前より防災に関する意識がはるかに高くなっているのを感じます。
総社市を含む各自治体では、地震、水害、土砂災害のハザードマップを公開しています。
総社市の場合、高梁川が近いこともあり地震よりも水害や土砂災害への意識が高いですね。
総社市のホームページではハザードマップを公開していますので、お部屋探しや土地探しの参考にしてみてください。
山手地域以外はほぼ色が付いていますが・・・。
いざというときのために近い避難場所を把握しておくことも大切です。
早めに対策を取るようにしておきましょう。