第15回地域で働く不動産屋さんによる情報交換会

こんにちは横浦です。
5月16日(水)、東京は上野駅近くで開催された「地域で働く不動産屋さんによる情報交換会(以下「ジバコー」)」に参加してきました。
ジバコーは8年くらい前、まだブログが交流の中心だったころに東京の千駄木で不動産屋さんをされている徳山社長がはじめられた、それぞれの地域で働く不動産屋さんで情報交換など交流しようよ、という会です。
同じように地域で不動産屋をしている2代目、ということで当時からブログを通して仲良くさせていただき、その縁で初回から何度か参加させていただいています。
全く違う地域ではありますが、逆にそれが腹を割って話せることもあり、何度か参加しているうちに顔見知りも増えたこともあっていつも楽しみにしている会です。
今回は主催者である徳山社長の取り組みを拝聴し、またこれまでの活動をうかがうことで自分のモチベーションもかなり上がってきました。
また、同様に渋谷で営業されている森下社長のリフォーム事例も紹介され、取り組み方や方法など大変勉強になりました。
そのジバコーの前に、渋谷にある「REISM」の齋藤社長にもお会いすることができました。賃貸リノベーションのみならず最近ではカフェの経営などもされていて、事務所や近日オープン予定の和食のお店を見学させていただきました。
突然のアポなし訪問にもかかわらず快く対応していただき、本当にありがとうございました。
また、元リクルートの入村氏も講演。
これからの不動産屋のあり方について共感する部分も多く、あながち間違ってなかったなと再認識させていただきました。
他にも多くの不動産屋さんと交流することができ、また総社市にはない東京の街並みを見ていろいろ吸収することができ、とても充実した一日になってよかったです。
さすがに歩きますね、東京は。
ここで得た情報を持ち帰り、どのような形でフィードバックしていくか、そして今度はこちらから情報発信してくことも大切だと思っています。
あらためてこの総社市でがんばろうと思えた勉強会でした。
では。

【コンサル】特定地区における定住促進助成金

総社市には前回紹介した「新築助成金」のほかに、対象地区を限定した「定住促進助成金」があります。

対象地域は、昭和中学校区エリア、池田小学校区エリア、新本小学校区エリア、山田幼稚園区エリア
・新築または購入助成金
・生活環境整備助成金
・定住祝い金
の3つの種類があります。

また、この定住促進助成金を受ける方は住宅ローン「フラット35」地域活性化型を利用できます。こちらでは、当初5年間の借入金利が「フラット35」の借入金利から0.25%引き下げられます。
また「フラット35S」とあわせて利用でき、この場合当初5年間の借入金利が「フラット35」の借入金利から0.5%引き下げられることになります。
詳しくは、総社市役所人口増推進室へお問い合わせください。
総社市の定住促進助成金についてはこちら >>

総社市の不動産屋
住まいるステーション 西日本開発株式会社
岡山県総社市中央1-6-27
http://www.nishinihon-kaihatsu.co.jp/

【コンサル】住宅新築の助成金

総社市では特定地区における総社市定住促進助成金制度がありますが、それとは別に住宅新築の助成金制度が発表されました。

今回の助成金は、
・市内建設業者で建築すること
・空家撤去後の新築なら上乗せ
・市街化区域であればさらに上乗せ
と、条件はありますが魅力的な助成金ではないでしょうか。

これから自宅新築をお考えの方は、市内建設業者さんでの建築を検討されてみてはいかがでしょうか。特定の社名を出すのは控えますが、いい家を建てられている工務店さんもありますよ。

総社市の不動産屋
住まいるステーション 西日本開発株式会社
岡山県総社市中央1-6-27
http://www.nishinihon-kaihatsu.co.jp/

【コンサル】マイホームを持つということ

こんにちは横浦です。
3月もあと少しとなりました。このあたりの桜はもう少しでしょうか。
家族ができて子供が大きくなってくると「そろそろマイホームを」と考え始めると思います。
「自分たちの家・空間」を持つということは、そこで家族が安心して快適かつ幸せに暮らすことが一番の目的ではないでしょうか。
そのためにまず大切なのは、住宅展示場を回ったり完成見学会に行くことではなく、ご家族の家計簿をチェックすることです。
世帯年収がいくらなのか、毎月の支払いがどのくらいでいくら残るのか、将来の学費や保険などどのくらい費用がかかるのか、そうすれば家を買ったとして月額どのくらいの返済なら大丈夫なのか、ある程度見えてくると思います。
自分の家を持てば、固定資産税・火災保険・光熱費アップ・建物のメンテナンスなどコストのかかる部分はたくさんあります。
それらを把握し理解した上で、家族の希望や憧れをどのくらい反映したマイホームができるのか、相談されるのがいいと思います。
家を建てたけど、毎月の支払いに精いっぱいで家族旅行にも行けない、進学を断念しなければいけない、なんてことは本来の目的「家族が安心して快適に暮らす」ことからかけ離れてくるので本末転倒です。
展示場を見れば希望がどんどん膨らみますが、その前に現実を把握しておけばその範囲で希望を叶える方法を見つけ出すことができると思います。
そんなお話を来られた方にはお話ししています。
ご相談、お待ちしています。

【賃貸仲介】今、1LDKの間取りが中心に

総社市内にも続々新築アパートが誕生しています。
最近では1LDKの間取りが多いですね。

1LDKですが、10帖以上あるLDK(リビングダイニングキッチン)に、寝室として1室付いた間取りです。
部屋数が少ないため単身者向けと思いがちですが、カップルや新婚の方にもおすすめしたいお部屋が増えてきています。

カップルならベッドルームは1室あれば十分だと思います。あとは大きめのリビングがあって収納がしっかりあれば、もう1室必要となるシーンは少ないと思います。
実際、2LDKの間取りでもLDK隣の洋室をリビングの延長として使っているカップルも多いですし、添い寝している小さいお子様の場合は寝室が一つで残りは収納として使っているケースもあります。

また、2LDKよりも賃料が低めに設定されているので家計面でも助かります。それに面積は以前の2DKと同等かそれ以上のものがあるので、2DKをLDK風に使うよりも効率のいい間取りということになります。

アパートの立地や新しさだけでなく、これからの生活スタイルから考えてみたとき、1LDKの選択肢もありなんじゃないでしょうか。


総社市の不動産屋
住まいるステーション 西日本開発株式会社
岡山県総社市中央1-6-27
http://www.nishinihon-kaihatsu.co.jp/