【業界】おとり広告に注意

今はスマホで不動産を探す時代です。
ひと昔前のように不動産屋を何件も回って見学する時代ではなくなりました。
当社も大手ポータルサイト(SUUMO や HOME’S など)に掲載していますが、ものすごい数の不動産情報がありますね。同じ物件が何社からも掲載されていて、探す方は大変じゃないかと思います。
そんな時は当社のサイトでお探しいただければ幸いです(と宣伝してみる)。

その不動産情報、中には「おとり広告」と言われるものも残念ながらあります。
「おとり広告」は、実際にはない不動産情報を掲載しているもの、実際にはあるけれど募集してないもの、実際にはあるものの条件等が異なるもの、などが挙げられます。

これは宅地建物取引業法第32条、不動産の表示に関する公正競争規約第21条に違反します。罰則もあり、業務停止となるケースもあります。
とはいえ、集客目的が過ぎておとり広告がなくなる気配がないのが悲しい現状です。
大変申し訳なく思います。

当社では、不動産の募集停止を確認した時点で、掲載終了の手続きをしています。ただし、それが削除されるまで多少のタイムラグがあります。その点はご理解いただければと思います。
万が一、掲載終了依頼した直後にお問い合わせいただいたときは、お詫びをした上で再度お客様ご自身でお探しいただくことをお願いしています(依頼があればお探しいたします)。

「おとり広告」を見つけたときは、各サイトに連絡し対応してもらってください。
よろしくお願いいたします。