【売買仲介】増税対策の住宅ローン減税

住宅ローン減税が10年から3年延長、との記事が出てました。
住宅ローン減税は「住宅借入金等特別控除」というもので、住宅ローンを利用してマイホームを取得した場合、住宅ローンの年末残高の合計額を基にして計算した金額を、所得税額から控除(差し引く)というものです(さまざまな要件があります)。
現時点では、住宅ローン年末残高の1%に相当する額が10年間所得税額から差し引かれますが(控除限度額は年40万円、年末残高が2,000万円ならその1%の20万円が控除額となります)、これを3年延長する検討をしているのが今回の増税対策の一つになっています。
ただし3年延長が適用されるのは「2019年10月から2020年末の間に契約し住民票を移して居住すること」が条件の一つとなっています。
増税対策なので、増税前に契約してマイホームを建てても控除期間は10年です。
過去の消費増税を見ても、政府で増税対策がなされる上、民間でも増税対策は行われると思いますので、増税前にマイホームを買ったほうがお得なのかどうかは何とも言えないのが正直なところです。
現在、建築資材の価格や人件費が高くなっているとも聞いていますので、お得にマイホームを買いたい方はお得なキャッチコピーに惑わされず、しっかりと状況を把握して検討したうえでご決断ください。

【賃貸管理】アパートの音の問題

こんにちは横浦です。
先日、音についてのセミナーがあったので聴講してきました。
音についてですが、これは完全に防音するのはとても困難です。
木造やツーバイフォーの建物はもちろん、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物でも素材や構造によっても変わってきますし、高音や低音などの音の種類によっても変わってくるので、こうすればいいという正解がないのが現状です。
例えば外からの音は窓からの侵入音に注意が必要ですが、1枚の板ガラスよりペアガラスのほうが遮音性能は上がりますがその組み合わせによっても変わってくるようですし、床についても素材や施工精度によっても変わってくるようです。
東京都は騒音防止条例があって夜間の騒音は何デシベルまで、といった数値もあるようですが、数値だけではない心情的な要因もあるので問題は複雑です。
とはいえ、ひとつの指標にはなると思いますので、現状の問題を少しでも紐解いていけるのではないでしょうか。
いずれにしても、共同生活を快適に過ごしていただくためには、建物でできる対策と同時に入居されている方もお互い少しだけ気をつけていただくことが必要だと思います。

【賃貸仲介】岡山県立大学へ進学される方へ

総社市にある岡山県立大学の学生さん、進学が決まった方、これから進学しようと受験される方、お部屋探しはもうしばらくお待ちください。
といっても、すでに「2019年4月入居可」のお部屋も出ているのですが、当社では卒業見込みの方に春の転居の予定を確認し、卒業等で退去される方がいれば条件等精査し、そのお部屋の募集を開始します。
それが2019年1月下旬ごろの予定です。
また、一般的な管理会社のアパートは1ヶ月前の契約解除予告が基本ですので、3月末頃や4月初旬での入居開始のお部屋は、2月中には確定してくると思います。
ですので、岡山県立大学の学生さんは1月下旬から探し始めるとアパートの戸数が最も多く選択肢が多い、と思います。
なお、これから受験される方の場合、ほとんどのアパートは試験時の予約(事前予約)は承っていません。申込ができるのは合格発表の後となります。
ただし、当社管理のアパートでは、合格の場合は契約することを条件に「事前申込」を承っています。
どうしてもここに住みたい、というお部屋がありましたらご相談ください。

【コンサル】空き家の問題

ここ数年住宅の供給過剰だとか空き家が800万戸以上だとかで「空き家問題」が多く取り上げられています。
「空き家」がなぜ問題になっているのでしょうか。
一般の方が身近に感じる「空き家」の問題は、実家のことが上がってくると思います。
進学や就職を機に実家を出てそれぞれの場所で新たな生活が続いていくと、実家に戻ることがなくなり、両親が住まなくなると空き家になるケース。
また、お住まいの周辺にもそのような形で空き家になったところがありませんか?

この空き家をそのままにしておくと、地域住民の方に迷惑がかかります。

・雑草が生え建物は老朽化し、美観を損ねますし蚊などの虫も出てきます。

・野良犬や野良猫の住みかとなるケースや勝手に誰かが侵入したりするケースもあり、防犯面でも不安が残ります。

・勝手に物を捨てられたりして異臭が発生するケースもあります。

・台風や大雨などで被害が出た場合、近隣にも被害を及ぼすことがありますし、いずれは倒壊の恐れもあり、火災の原因になることもあります。

・固定資産税は毎年遠慮なくかかりますしね。

メリットデメリットだけで決断はできないでしょうが、経済的負担だけでなく精神的や体力的な負担のことも考えると、貸したり売ったり維持管理を依頼したり、何かできることをすることが必要だと思います。
何もしないより手入れしたり役立てたりしていくこと、それが思い出や思い入れのある家に対する愛情だと思います。
ぜひ考えてみてください。

【賃貸仲介】連帯保証人について

最近では連帯保証人がいらない代わりに保証会社との契約が必要な賃貸アパートが増えてきています。
そもそも「連帯保証人」とは?
連帯保証人は、例えば、契約者が賃料を支払わず連絡も取れない場合、貸主が連帯保証人に賃料の支払いを請求すれば連帯保証人は支払わなければならない、といったことになります。
連帯保証人は入居者と同等の責任を負います。
そのため、連帯保証人には支払い能力だけでなくさまざまな責任が問われますので、基本的には、契約者の両親または兄弟、叔父叔母(伯父伯母も可)の3親等内で75歳前後まで、となります。
連帯保証人は、契約の際に印鑑証明書を取得し提出していただくことが必要ですし、書類関係には実印捺印をしていただくこととなります。
遠方にいらっしゃる場合は郵送などする必要がありますね。
そんな負担や手間を回避するために、最近では保証会社の利用が必須で連帯保証人がいらない賃貸アパートが増えてきました。
借主の保証を代行するので貸主に費用が多少掛かりますが、貸主にとっても安全かつ安心できるのでお互いにメリットがあると思います。もちろん、保証会社利用の際にも審査があります。ここでNGになると契約できませんのでご了承ください。