改正民法」タグアーカイブ

【相続支援情報】改正民法 配偶者は自宅に住み続けられます

投稿者: | 2020年4月27日

 令和2年4月1日施行の改正民法で、配偶者の「居住権」が相続財産として認められることとなりました。  これまでの制度では、・相続人は配偶者と子1人・相続財産は自宅(2000万円)と現金2000万円とした場合、配偶者が住み… 続きを読む »

【セミナー】令和元年度第2回備中支部研修会

投稿者: | 2019年11月22日

令和元年11月21日(木)、総社市のサンロード吉備路で開催された、宅建協会備中支部主催の研修会へ参加してきました。定期的に開催されている研修会、今回は他支部の方も多かったですね。 そんな大盛況の研修会は、来年4月に施行さ… 続きを読む »

【賃貸情報】改正民法-連帯保証人の極度額-

投稿者: | 2019年11月10日

令和2年4月1日に、改正民法が施行されます。賃貸借契約にも影響がありますのでいくつかご紹介します。 賃貸借契約には「連帯保証人」が必要です。でも最近は、連帯保証人の代わりとなる「保証代行会社」(いわゆる保証会社)との契約… 続きを読む »

【相続支援情報】改正民法 優遇措置 配偶者への自宅等生前贈与は相続財産に含めない

投稿者: | 2019年7月9日

平成31年7月1日施行の改正民法で、居住用不動産の遺贈又は贈与について優遇措置がとられることとなりました。この優遇措置は「婚姻期間が20年以上である夫婦間」が前提となります。 これまで、亡くなった方が所有していた居住用不… 続きを読む »

【相続支援情報】改正民法 預貯金の一定額は払い戻し可に

投稿者: | 2019年7月8日

平成31年7月1日施行の改正民法で、預貯金の払戻し制度が新しくできました。 これまで、亡くなった方の預貯金については、遺産分割終了までに相続人単独での払戻しができませんでした。そのため、葬儀費用などは一時的に相続人等が負… 続きを読む »