【お知らせ】明けましておめでとうございます。

こんにちは横浦です。
明けましておめでとうございます。
平成最後の年となりました。
昨年は冬季五輪やワールドカップなど大きなイベントもありましたが、豪雨や台風、地震など自然災害も多く激動の年となりました。
今年は穏やかに、と思っていた矢先に熊本県で地震が・・・。
私の親戚が震源地付近に住んでいますが、幸い大事には至りませんでした。
しかし今年も気を引き締めて、何事にも備えておかなければいけませんね。
不動産業界はいまだに不透明で信頼性に欠けるところもあると思います。
当社の力は小さいですが、信頼していただけるよう一人ひとりに誠実に丁寧に接していくことが大切だと思っています。
また西日本開発株式会社は、今年で開業40年を迎えます。
私自身引き継いでまだ10年なのでまだまだ半人前ですが、先代が築き上げてきたものを守りつつ、変わりゆく不動産業界の流れに遅れずしかし流されず、
「誠実・丁寧・新化」
を心がけていかなければとあらためて思います。
本年もよろしくお願いいたします。

【お知らせ】総社市の幼稚園区の一部変更

総社市の幼稚園について、平成31年4月から一部変更が告知されています。
ひとつは区域外就園で、三須幼稚園、神在幼稚園、秦幼稚園の3つの幼稚園は、平成31年4月から区域外就園が可能となります。
定員は各2人。希望多数の場合は抽選。
見学や保護者同伴の体験入園も可能だそうです(要事前予約)。
もうひとつは幼稚園区の一部変更です。
いじりの認定こども園の開園にあわせてだと思いますが、門田と駅前一丁目がいじりの認定こども園区になります。
そして新しい地名となった駅南二丁目とそれに隣接する中央六丁目の一部が、総社南幼稚園区へと変更になります。
いずれも詳しい内容につきましては、総社市役所のこども夢づくり課へお問い合わせください。

20180801 岡山県の民間賃貸住宅借上げ制度(みなし仮設住宅)について -条件の緩和-

平成30年7月豪雨災害で被災された方を対象にした「みなし仮設住宅」について、一部条件が緩和されました。
「やむを得ない事情」があれば「旧耐震」の住宅も対象に
例えば大人数の家族で入居できる住宅や、ペットと暮らせる住宅などであれば、昭和56年5月31日以前に建築された建物でも対象となる場合があります。
ただし、それらは「住まいる岡山」の「被災者支援住宅」への掲載はありません。
適用以前から個人で民間賃貸住宅を契約している方も対象に
もちろん被災の方ですが、災害救助法適用の平成30年7月5日以降に個人で契約された方について、制度の条件を満たし、かつ貸主の同意が得られる場合は、入居日にさかのぼって借上げの対象になることとなりました。
このみなし仮設住宅については対象となる各市町村に窓口がありますので、詳しくはお問い合わせください

【お知らせ】20180724 総社市の災害支援金の給付について

総社市では、平成30年7月豪雨災害で被災された方を対象に、災害支援金の給付を行っています。
総社市ホームページ >> 「総社市災害情報」の「支援金の支給について」をクリック
罹災証明書が必要となっていますのでご用意ください。
詳しくは総社市へお問い合わせください。
各市町村のホームページでは、今回の被災された方を対象とした情報も随時掲載していますので、スマホを持たれている方はチェックしてみてください。

20180720 岡山県の民間賃貸住宅借上げ制度(みなし仮設住宅)について -「半壊」も対象に-

平成30年7月豪雨災害で被災された方を対象にした「みなし仮設住宅」について、一部内容が変更になりました。
「大規模半壊」「半壊」も対象になりました
「全壊」が条件で「半壊」については検討されていましたが、対象になることとなりました。
ただ注意していただきたいのは、この借上げ制度を利用した場合、市町村が実施する「応急修理の補助金制度」は使えません
状況によっては「応急修理の補助金制度」を利用したほうがいいケースもありますので、詳しくは各市町村にお問い合わせください。
このみなし仮設住宅については対象となる各市町村に窓口がありますので、そちらにお問い合わせください